カテゴリー別アーカイブ: デイトレについて

◎デイトレ銘柄の探し方・選び方について

デイトレで勝つために重要なのは銘柄選びです。

銘柄選びを間違うと、なかなか上手く利益を出すことは出来ません。

デイトレでの勝率を上げるには、デイトレに適した銘柄をまず選ぶ必要性があります。

考えてみれば当たり前のことですが、デイトレは短期の値動き狙うものなので、値動きが少ない銘柄、売買代金が少ない銘柄はデイトレ向きではありません。

出来高が急増し値動きが出てくるのでは?と思う銘柄に注目したりすることもありますが、値幅があって売買のタイミングが多い銘柄の方がデイトレ向きと言えるでしょう。

流動性が高い銘柄、取引が活発な銘柄を選べば、あとはテクニカルを見て上手くエントリーし上手く利益を確定できるかどうかかと思います。

株式売買注文のタイミングは人によって違うかと思いますが、多くの人は移動平均線から株価が〇%以上、下回れば買い(上回れば売り)、上昇率が〇%に達したら利益確定みたいな感じでしょうか。

上手い人は自分なりの勝ちパターンがあったりするかと思いますが、デイトレは勢いがあって右肩上がりの銘柄が勝負しやすいかと思います。

相場格言に落ちてくるナイフは掴むなという言葉がありますが、右肩下がりの銘柄、勢いのない銘柄は、そのまま下がり続けることが多いので注意が必要です。

デイトレに適した銘柄はとにかく流動性があってボラティリティが高い銘柄ってことですが、つまり人が集まってる銘柄です。

そういう銘柄を探すときは「値上がりランキング」「売買代金上位銘柄」をチェックするのが有効な感じですかね。

あと、最近はテーマ株が色々と盛り上がりをみせてきていますが、どういうテーマ性に物色人気が向かっているか探るのも大切です。

テーマ株が盛り上がるのは、新聞やニュースなどで報道された内容が材料視されることが多いかと思いますが、報道内容が買い材料となる銘柄、報道内容によってテーマ性を強めてきそうな銘柄にいち早く気付くことが出来れば、資金の流れに上手く乗りデイトレで大きく利益を得れたりすると思います。

テーマ株は短期で一気に株価を上げることが多く、一日で+20%以上の上昇となることも珍しくありません。

なのでデイトレで大きく勝てるかどうかは、テーマ株を上手く狙えるかどうかが結構大きいかもしれません。

値幅があるテーマ株を上手く狙いたいけど、自分のトレードスキルに自信がないって人や、収益性が高いデイトレ銘柄を効率良く見つけたいって人は、株式投資に関する情報を配信してくれる投資顧問のメールマガジンが何気に凄くデイトレと相性がいいと思うのでおすすめです。

【おすすめ】スナップアップ投資顧問のメールマガジン≫

最近はこうしたサイトが配信している銘柄情報をチェックする人が増え、配信されたテーマ株に物色人気が向かうケースも珍しくありません。

デイトレは人が集まっている銘柄、資金が向かってる銘柄を上手く狙えるかどうかって感じなので、多くの人が見てそうな情報をチェックしておくといいんじゃってことですね。

スナップアップ投資顧問」のサイト内でこれまでに推奨された銘柄の株価推移を見ると、結構当ててきていて株価2倍超えも珍しくない感じですが、強い銘柄をなかなか上手く狙えないって人は、当ててきているサイトが配信している銘柄情報を、試しにでも一度参照してみるといいかと思います。

スナップアップ投資顧問」は大和証券OBで元フジフューチャーズ代表取締役の有宗良治氏が代表取締役を務めているサイトですが、メールマガジンを日々チェックしテクニカルやファンダメンタルの分析を学んでいけば、少しずつでもトレードスキルがアップしデイトレで利益を出していけるようになっていくのではないでしょうか。

◎まとめ

・デイトレで大切なのはまず銘柄選び
・値幅があって売買のタイミングが多い銘柄を選ぶ
・「値上がりランキング」や「売買代金上位銘柄」をチェックする
・テーマ株の盛り上がりを上手く狙う
・株式投資に関する情報を配信している投資顧問のメールマガジンを上手く活用する

【おすすめ】スナップアップ投資顧問のメールマガジン≫

以上、デイトレ銘柄の探し方・選び方について簡潔にまとめてみましたが、デイトレがなかなか上手くいかないって人は、参考にしてみて下さい。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

◎デイトレ1日の流れについて

デイトレって毎日どんな感じなの?って聞かれたりするので、今日は1日の流れについてザックリですみませんが書いてみたいと思います。

まず、マーケットが開く前にしておくことは、前日の米国株の動きとか為替の動きなどを確認して、寄りから盛り上がりそうな銘柄をいくつかピックアップしとくとかですかね。

盛り上がりそうな銘柄に関しては前日の大引け後に材料視されそうなIRを発表している銘柄だったり、新聞やニュースなどで報道された内容が材料視されそうな銘柄だったり、前日の値上がりランキング上位銘柄や、前日の売買代金上位銘柄などでしょうか。

デイトレはとにかく流動性がある銘柄、ボラティリティが高い銘柄、人が集まってる銘柄を上手く狙えるかどうかなので、寄り付き前にそうした銘柄をなるべくピックアップしとく感じですかね。

貸借銘柄は信用売りの買い戻しで株価が上がることがあり、純粋な買い需要と見分けが付かないので、なるべく避けた方がいいかと思います。

次にマーケットが動いてからですが、10時くらいになると値動きが落ち着くことが多いので、基本的に9時から9時半過ぎぐらいと、引け間際14時半から15時が勝負って感じですかね。

日中ザラ場は機関投資家などプロの主戦場だと思うので、上手い人はいいかもですが、素人は取引してもカモられることが多いんじゃないかなと思います。

なので9時半過ぎから14時の間はランチ休憩を挟んで、14時以降に動きそうな銘柄や、明日動きそうな銘柄をピックアップしたりでしょうか。

あとは5%ぐらいの利益を狙い、損失は1%ぐらいに抑えることを心掛けてトレードする感じですかね。

盛り上がりそうな銘柄、買い材料があって人が集まりそうな銘柄を上手く見つけれないって人は、株式投資に関する情報を配信してくれる投資顧問のメールマガジンがデイトレと相性がいいと思うのでおすすめです。

MT 注目材料銘柄

上記画像は元大和証券勤務の濵村比呂史氏がアドバイザーをしている「MT」がサイト内で公開している「本日の注目銘柄」の一部内容ですが、直近で材料が出てる銘柄を寄り付き前に配信してくれます。

直近で材料が出てる銘柄を探すのは何気に手間なので、株用のメールアドレスを作って配信登録しておくと、結構便利だと思います。

【おすすめ】MTのメールマガジン≫

MT メルマガ一部内容

メルマガ登録すると、上記画像のように、デイトレに良さそうな銘柄情報を登録したアドレスに配信してくれます。

システムインテグレータ (3826)のチャート
システムインテグレータ (3826)のチャート

リボミック (4591)のチャート
リボミック (4591)のチャート

ミナトホールディングス (6862)のチャート
ミナトホールディングス (6862)のチャート

こうした直近で材料が出た銘柄のチャートを見ると、9時半過ぎあたりから出来高が減っているのが分かり、寄り付きから9時半頃までが勝負というのが分かるんじゃないでしょうか。

◎まとめ

・寄り付き前は前日の米国株の動きや為替の動きなどを確認
・直近で買い材料が出てる銘柄などをピックアップする
・勝負は9時から9時半過ぎぐらいと、引け間際14時半から15時
・買い材料をまとめて配信してくれるサイトを上手く活用する

【おすすめ】MTのメールマガジン≫

以上、デイトレ1日の流れについて簡潔にまとめてみましたが、デイトレがなかなか上手くいかないって人は、参考にしてみて下さい。

◎デイトレで10万、20万、30万と上手く利益を得ていきたい人におすすめ

株で稼げるかどうかは強い銘柄に上手く乗れるかどうかが大きいです。

こうした株ブログを書いていると、デイトレで上手く利益を得ていくにはどうすればいい?みたいなことを聞かれたりしますが、デイトレでなかなか上手く利益を出せないでいるって人は、デイトレ向きじゃない銘柄をトレードしてしまっているんじゃないかと思います。

・値幅がない銘柄
・出来高がない銘柄
・トレンドが悪い銘柄
・テーマ(材料)性がない銘柄

他にも業績の良し悪しや思惑など色々あるかと思いますが、デイトレは値幅があって出来高があってトレンドがいいテーマ(材料)性がある銘柄がやりやすいんじゃないかと思います。

なのでデイトレで勝つためにはまずデイトレ向きの銘柄をしっかり選べるかどうかが大切です。

上手い人はほんと強い銘柄でトレードしてる印象ですが、何を買えばイマイチ分からないって人は、「当たりや」とされる人や株情報サイトが取り上げている個別銘柄に試しにでも一度注目してみるといいかと思います。

日本経済新聞に掲載となっている「あのカリスマが買い推奨、金急騰」という記事を読みましたが、「当たりや」とされる人や株情報サイトが取り上げている個別銘柄には投資家の関心が向かいやすかったりするので、最近はそうした資金の流れに上手く乗れるかどうかが結構大きい気がします。

スナップアップ投資顧問 推奨銘柄

例えば上記画像は相場の千里眼の異名を持つ「有宗良治」さんが代表取締役を務めている「スナップアップ投資顧問」から配信されたメールの一部内容ですが、多摩川ホールディングス(6838)や、マーケットエンタープライズ(3135)のような強い銘柄に上手く乗れた人は、短期で結構な利益を得れていたりするんじゃないでしょうか。

デイトレに限らず、株は強い銘柄に上手く乗れるかどうかっていうのがだいぶ大きい気がしますが、良さそうな銘柄が分からない、何を買えばいいのか分からないって人は、株式投資に関する情報を配信してくれる投資顧問のメールマガジンが何気に凄くデイトレと相性がいいと思うのでおすすめです。

スナップアップ投資顧問 推奨銘柄②

推奨銘柄としてサイト内で掲載となっているので書きますが、「スナップアップ投資顧問」は他にもSAMURAI&J PARTNERS(4764)、シライ電子工業(6658)、アジャイルメディア・ネットワーク(6573)などにいち早く注目し当ててきています。

スナップアップ投資顧問」は元証券マンで金融庁及び経済産業省、農林水産省等主務官庁との折衝経験も豊富な有宗良治さんが代表取締役をしているサイトなので、既に配信情報を見ているって人も多いかと思いますが、まだサイト内で公開となっている銘柄情報などを見たことがないって人は、試しにでも一度メルマガ登録して取り上げられている個別銘柄の動きに注目してみるといいと思います。

【おすすめ】スナップアップ投資顧問のメールマガジン≫

↑もうメルマガ登録してる人はあれかもですが、まだの人は今なら次なる大化け有力候補株やサイエンス株投資術(※PDF版80ページ)を無料でプレゼントしてもらえるので凄くお得だと思います。

テーマ株相場が続いてる印象ですが、こうした株情報サイトに登録しておくと、“いまこういうテーマ性がきてるのか”というのにいち早く気付けたり、相場の流れに上手く乗れるようになってきたりすると思います。

あと、当ててきているサイトは利用者が資金を増やしていたりすると思うので、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向もあると思います。

なので資金が向かいそうな銘柄を探る上でも配信情報を見ておくに越したことないって感じですかね。

スナップアップ投資顧問」は直近で結構当ててきている印象なので、今後取り上げられる個別銘柄の動きにも要注目じゃないでしょうか。